sunshine

ペースメーカーをつけている人が気をつけること

心臓に持病を抱えてペースメーカーをつけている人は、日常生活で様々な制限を受けます。

不整脈を感知して、電気信号を送って心臓の動きを助けるとても小さな機械で、心臓に埋め込んで使う医療精密機器です。

なぜ、日常生活で制限を受けるのかというと、生活圏に飛び交う電磁波の影響で、機械自体が心臓に発信する電気信号が乱れてしまう恐れがあるからです。

微弱の電磁波なら影響はほとんどないといわれていますが、脱毛の機械によっては施術を避けた方が良いものがあります。

そのうちの一つがニードル脱毛という毛穴に細い針を差し込んで毛根を電気で処理する機械です。骨折の治療で入れている金属プレートにも反応するといわれていますから、ペースメーカーを入れている人はこの方法での脱毛は避けた方が良いといわれています。

ペースメーカーをつけていてもVライン脱毛はできる?

Vライン脱毛には様々な方法がありますが、処理をする毛量が他の部位に比べて少なく毛根がしっかりしているため、最も確実に素早く脱毛するにはニードル脱毛が向いているといわれています。

では心臓に機械を埋め込んでいる人はVラインを脱毛できないのかというとそうではありません。

ニードル脱毛を避けた方が良いということで、光脱毛などの微弱な電磁波が出る脱毛機械ならペースメーカーに影響はないといわれているからです。

しかし、エステサロンでは施術ができないことが多く、医療機関であるクリニックであれば脱毛は可能なところが多いようです。



SBC湘南美容外科