sunshine

脱毛をするときに気になるのが体への影響です。光やレーザーを使用して脱毛しますから、『肌に害はないのか』心配されている方は少なくありません。

特にVIO脱毛の場合、デリケートゾーンへの影響が気になりますね。『子宮に害はないのか?』と、脱毛を躊躇っている方も少なくないでしょう。

VIO脱毛とは

そもそもVIO脱毛とは、Vライン・Iライン・Oラインの脱毛のことをいいます。近年、日本でもVIO脱毛を希望する女性が増えており、各サロン・クリニックでVIO脱毛を取り入れています。

VIOも、他の部位と同じ方法で施術が行われます。しかしサロンとクリニックでは光脱毛とレーザー脱毛で異なります。光脱毛は、IPLなどの機器を使用して施術を行います。

光のエネルギーを用いて毛根のメラニンを刺激し、脱毛するのが特徴です。複数の波長を含んでいるため、広範囲の照射が可能になるでしょう。

一方でレーザー脱毛は、強い電磁波によって集中的に脱毛します。ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどを使用しているところが多く、またレーザー脱毛は基本的にクリニックで使われます。

VIOの脱毛のメリットは、なんといっても清潔感です。Vラインは下着や水着をキレイに履くことができるので、海やプールに行くのも安心。

OラインやIラインなどがキレイなど、蒸れやかゆみを予防できる他、生理のときも清潔です。

体に悪影響はない?

VIOの脱毛が流行しており、ひと昔に比べると安全性も高まっています。光脱毛もレーザー脱毛も、体に害のあるようなものは使用していません。

光が当たるのは、あくまで肌の表面です。ですから、脱毛をしたからといって、子宮に害がある、体内に悪影響を及ぼすわけではありません。

ただ、注意も必要です。それは妊娠中の脱毛になります。妊娠中はホルモンバランスが乱れ、肌がとても敏感になっています。

出産すると徐々にホルモンバランスは安定してきますが、火傷や炎症を避けるためにも、妊娠中の脱毛は避けてくださいね。

もちろん、妊娠をしていなくても、ホルモンバランスが乱れていると肌トラブルを起こしやすいといわれています。まずは事前にしっかりカウンセリングを受けるようにしましょう。



エピレ