sunshine

光アレルギーとは、光線過敏症といわれ、紫外線を浴びることで皮膚がアレルギー反応を起こすことをいいます。一般的には、肌が赤くなる・ヒリヒリする・蕁麻疹が出るなどが挙げられます。

光アレルギーがあると、やはり気になるのが脱毛です。特に永久脱毛は部分脱毛より脱毛時間が長いですから、アレルギーを持っていると少々心配です。

ということは、光アレルギーの方は永久脱毛もと光脱毛はできないのでしょうか?

脱毛できる場合とできない場合がある

結論からいいますと、アレルギーがあるからといって絶対に脱毛ができないと断定はできません。

こればかりはサロンやクリニックによって対応が異なり、なかにはアレルギー症状があっても安全に脱毛できるところもあります。

たとえば光脱毛です。光脱毛は出力が弱く、痛みがほとんどないことで知られています。そのため、肌への負担も少なく済みます。

一方で医療レーザー脱毛は出力が強く、単一で熱を与えるためどうしても刺激が強くなります。アレルギーを持っていれば、当然刺激となり肌トラブルも否めないでしょう。

このように、アレルギーを持っていても脱毛をしたいという方はなるべく光脱毛がオススメです。また施術を受ける前のカウンセリングでしっかり相談しておきましょう。

ちなみに、脱毛には紫外線は含まれていません。光アレルギーの多くは紫外線による影響が強いですから、脱毛したからといって皮膚に悪影響を及ぼすわけではありません。



銀座カラー